■写真で見た聖書学院の環境と一年の歩み■

 


 

神戸ルーテル聖書学院は港町を視野にしながら、神戸の中心である三宮駅からバスで15分の所にあります。

摩耶山の登山口まで歩いて10分の所です。

 

 

HAT神戸まで歩いて25分、王子公園まで10分の所です。

 

 

同じ敷地に神戸ルーテル神学校と青谷ルーテル教会の新会堂があります。

 

 

1956年に建てられた本館にはチャペル、教室、食堂、図書室、男子寮の他に、西日本福音ルーテル教会の事務局、

ノルウェールーテル伝道会の事務局、ルーテルアワーの放送センターなどがあります。

本館の隣に青谷葉園という幼稚園があります。


 

聖書学院のチャペルです。

 

 

     

新しい女子寮は2006年度まで完成して、近代的な設備で備えられています。

 

 

学年は4月の初めの入学式で始まります。2008年度は4月6日(日)にスタートします。

 

 

神学生と合同入学式で在学神学生は賛美で新しい学生を歓迎してくれました。

 

 

合同礼拝は毎日午前中に神学校と聖書学院のチャペルで交代で行われます。

 

 

授業は火曜日から土曜日まで午前中に4時間にわたって行われます。

 

 

それぞれの科目は2時間の単位で行われます。

 

 

学生会は火曜日の午後で、機関紙や色々の活動の準備や相談が行われます。

 

 

今回は同窓会の準備作業でした。

 

 

食事の交わりの時に、深くて楽しい話題で話し合える最高のチャンスです。

 

 

  

神戸ルーテル聖書学院の食事はとても美味しくて、宮本コックの素晴らしい腕前で、神様に感謝しながら頂きます。

 

 

四月の終わり頃に蒜山バイブルキャンプで三日の修養会が行われます。題は「救いの確信」です。

 

 

大自然の中のキャンプ場の嬉しい誕生日会の一時です。

 

 

毎週金曜日の午後に祈り会があります。

 

 

音楽授業の楽しい一こまです。

 

 

音符の読み方、色々の楽器の練習、教会音楽の様々なスタイルを学びます。

 

 

聖書の深い学びが目的ですから、聖書写本の世界にも触れます。

 

 

モーセ五書が入っている写本です。

 

 

鍋谷教授の詩篇解説の本の出版記念集会でヘブライ語で詩篇を歌いました。

 

 

神学校の50周年記念会は大きなお祝いでした。聖書学院は信徒教育の場ですが、そこから神学校に進んだ方もかなり多いです。

 

 

学院の57年の歴史の間に850人ぐらいの方々が卒業しました。同窓会に集まった皆様を歓迎する歌です。

 

 

2007年の同窓会の参加者の一部です。

 

 

同窓会の二日目にウィンテル先生の墓を訪ねました。

 

 

秋を中心としてそれぞれの教会に出かけて、学院デーの奉仕をします。

 

 

学院の学びの楽しさと深さをアピールします。

 

 

礼拝メッセージ、証や教会学校の奉仕は学院デーの内容です。

 

 

学期が終わると大掃除にかかりますが、楽しい雰囲気の奉仕です。

 

 

学期毎に神学校と聖書学院の合同フェローシップが行われます。今回はクリスマス会です。

 

 

主にある喜びはとても楽しいものです。

 

 

関西地域の他の聖書学院と神学校の学生との交わり

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

生駒の体育館での親善試合

 

 

何時か卒業と共に分かれの日もやって来ます。

 

 

公開講座が一年に2回開かれます。ただし聴講は一年中可能です。尾島先生は異端について講義しました。

 

 

いよいよ卒業式です。

 

 

皆さんは支えてくれた方々に感謝をしながら、嬉しい涙を流しながら一年を振り返っていました。

 

聖書学院事務局 〒651-0052 神戸市中央区中島通2-2-11
Tel 078-221-3601 Fax 078-242-4166